若年性更年期障害

更年期障害とうものは40代後半の女性の多くみられるものですが、
近年では20代30代にも更年期障害が起きる人が増えてきています。
これを若年性更年期障害といいます。
更年期障害や若年性更年期障害はホルモンバランスの乱れが大きな原因といわれています。
ほかにも自律神経の乱れやストレスによる卵巣機能の低下、精神的な要因もあげられています。

そもそもホルモンとは体内に分泌され体の機能を調整してくれるものです。
必要なときに必要なだけホルモンは分泌されます。
ホルモンバランスが乱れると自律神経が乱れ、生理不順や便秘、精神的に不安定になったり、
不眠症を引き起こすこともあります。
ホルモンバランスが崩れる原因としてはストレスやダイエット、月経、食生活の乱れ、不規則な生活などがあげられます。

若年性更年期障害の症状は目に見えるものから気づいていないものまでさまざまです。
よくある症状としては動悸・息切れ・生理不順・頭痛・肩こり・疲れ・めまい・冷えなどがあげられます。
また、卵巣機能の低下に伴い、年齢が若くても閉経へと進むと不妊症にもなりかねませんから、
なるべく早く病院での診察をおすすめします。

こういった若年性更年期障害の改善策としては
やはり規則正し生活を送り、適度な運動と食事の改善、
無理なダイエットやめ、ストレスをなるべくためこまないことです。

先日、友人が引越しの見積もりをしようとしていたときも
体調不良で倒れてしまいました。
小さい子を抱えての急な引越し準備だったので、疲れが
たまったのかなと思っていたのですが、こいいう病気を
知ると怖いですね。

ホント、無理は禁物です。

 

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930