野菜自然工房の柿の葉茶

11月 29th, 2011 by admin | Permalink

今健康茶ブーム到来。
いろいろなお茶が世の中に出回るようになりました。
気になる体の症状に合わせて、茶葉を選んでいく人も多いようです。
中でも今回は高血圧が気になる方にお勧めしたいのが「柿の葉茶」です。

この柿の葉茶の効能は高血圧予防・血圧の安定・動脈硬化予防・糖尿病予防・
風邪予防・美肌効果・日貧血解消・シミ予防・免疫力の強化などがあります。
フラボノイドのケルセチンやルチンやタンニン、ポリフェノールなどが含まれているので、
これらが血管や血液に働きかけ、血圧の上昇を抑える働きをするそうです。

柿の葉茶にはカフェインが含まれていません。
また、ビタミンやミネラルが豊富なので妊婦さんやお子様も安心して飲むことができます。
ビタミンCがなんとレモンの20倍以上も含まれているんです。
シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑え、お肌にはとってもうれしいお茶とも言えます。

野菜自然工房の柿の葉茶は100%国産の柿の葉を使っています。
柿の葉のビタミンCは熱に強いのが特徴で、ビタミンCが壊れにくいのです。
ですから、お湯を注いでも効果は変わりません。
茶葉を急須にいれて5分ほど待ちます。
そして湯呑に注いで飲みます。
毎日続けて飲むことで効果が発揮されるでしょう。

さて、これから白髪を染めます^^;
これほど、放っておくと老けるものはありませんからね。
ランキングサイトで選んでから、気軽に染められるようになりましたよ^^

こちら⇒ 白髪染め人気ランキング

大人のカルピス登場

10月 27th, 2011 by admin | Permalink

昔からなじみのあるカルピスに大人バージョンが登場。
「大人の健康・カルピスRカルシウム&グルコサミン」。
今話題のグルコサミンが250㎎とカルシウム160㎎配合。
味も甘さひかえめで飲みやすく仕上がっています。
カルピスというと子供の飲み物と思っている人も多いでしょう。
さすがカルピスですね。

天然型のN-アセチルグルコサミンを配合。
グルコサミンは体内に存在するもので、年齢とともに減少してしまいます。
このグルコサミンが減少すると軟骨が不足し、関節痛・潤い不足を引き起こします。
年齢を重ねてきて階段の上り下りが厳しくなってきませんか?
グルコサミンを摂取することでこれが緩和されるのです。

カルシウムも今の現代人は不足しがちです。
カルシウムが不足すると骨粗しょう症になってしまいます。
この骨粗しょう症とは骨に含まれるカルシウムが不足し骨が弱くなっていきます。
すると骨の中身はスカスカ状態。
ですから骨折しやすくなります。
腰痛や神経痛も引き起こすことも。
腰が曲がってきたり身長が低くなってきます。
こうならないためにもカルシウムの摂取は大切なのです。

この大人のカルピスはペットボトルに入っており持ち運びが便利。
運動やちょっとした休憩時間に日々摂取すると効果的です。

あと最近に気になっているのが、口臭予防アイテム。
歯磨きだけじゃどうにもならない主人を何とか対策したいと
思います!

若年性更年期障害

10月 17th, 2011 by admin | Permalink

更年期障害とうものは40代後半の女性の多くみられるものですが、
近年では20代30代にも更年期障害が起きる人が増えてきています。
これを若年性更年期障害といいます。
更年期障害や若年性更年期障害はホルモンバランスの乱れが大きな原因といわれています。
ほかにも自律神経の乱れやストレスによる卵巣機能の低下、精神的な要因もあげられています。

そもそもホルモンとは体内に分泌され体の機能を調整してくれるものです。
必要なときに必要なだけホルモンは分泌されます。
ホルモンバランスが乱れると自律神経が乱れ、生理不順や便秘、精神的に不安定になったり、
不眠症を引き起こすこともあります。
ホルモンバランスが崩れる原因としてはストレスやダイエット、月経、食生活の乱れ、不規則な生活などがあげられます。

若年性更年期障害の症状は目に見えるものから気づいていないものまでさまざまです。
よくある症状としては動悸・息切れ・生理不順・頭痛・肩こり・疲れ・めまい・冷えなどがあげられます。
また、卵巣機能の低下に伴い、年齢が若くても閉経へと進むと不妊症にもなりかねませんから、
なるべく早く病院での診察をおすすめします。

こういった若年性更年期障害の改善策としては
やはり規則正し生活を送り、適度な運動と食事の改善、
無理なダイエットやめ、ストレスをなるべくためこまないことです。

先日、友人が引越しの見積もりをしようとしていたときも
体調不良で倒れてしまいました。
小さい子を抱えての急な引越し準備だったので、疲れが
たまったのかなと思っていたのですが、こいいう病気を
知ると怖いですね。

ホント、無理は禁物です。

大人のアトピー対策

9月 6th, 2011 by admin | Permalink

近年、大人のアトピーが増えています。
アトピーというと、子供のころからの症状な気がしますが、
大人になってから初めて発症するという人も少なくないそうです。

その原因ははっきりしたものではありませんが、
原因の根本はストレスではないか、という説が濃厚です。

アトピー性皮膚炎になりやすい体質を変えることができませんが、
きちんとケアをすることでかゆみをなくし、
穏やかな肌を保つことはできるといわれています。

正しいケア方法を理解しておきましょう。

・ステロイド薬を適切に使用する
ステロイドは危険、という意識がある人が多いと思います。
しかし、ステロイドは強弱で5段階に分かれており
病院で診察を受けると症状にあったステロイド薬が処方されます。

一見、ステロイド薬を使用してすぐに症状が良くなったように思えても
実際は皮膚の下で炎症が残っている可能性があるので、
途中でやめてしまうことなく医師の指示通りステロイド薬の使用をしましょう。
症状が良くなるにつれ、弱いステロイド薬が処方されたり、
ステロイドの入っていないクリームで経過をみるケースが多いようです。

・保湿をしっかり行う
患部を洗う際は、しっかりと石けんを泡だてて
ナイロンタオルなどは使わず手で優しくもむように洗浄しましょう。
こすり過ぎは皮膚を傷める原因となります。
また、入浴後はできれば防腐剤が入っていない保湿クリームなどを塗り、
皮膚のバリア機能を高めます。

症状がひどくなればなるほど、強いステロイド薬が必要となります。
早めの対処をし、自己判断で薬をやめないことが
症状緩和の近道と言えるでしょう。

 

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031